工務店の正しい選び方など把握しておくべき情報を分かりやすく紹介します

こちらのサイトは、これから家づくりを始める人の中で注文住宅の依頼先を工務店にした人に対し正しい会社の選び方や把握しておくべきポイントなど役立つ情報を分かりやすくご紹介します。
最近は、ホームページで情報収集される人もおおくなっていますが、依頼先を調べるときなどサイト内でチェックしておくべきポイントや発注先をきめるときはもちろん複数の会社を絞り込むときには十分なリサーチが必要なことなど幅広く解説しているので参考にされることをおすすめします。

工務店の正しい選び方など把握しておくべき情報を分かりやすく紹介します

工務店の中には小規模の会社も含まれるため、依頼先を決めるときのポイントの一つとして会社として安定していることが重要です。
さらに、規模が大きくなると下請け発注などのケースもありますが自社施工の工務店の場合は中間マージンが発生しないため費用を抑える効果を期待できます。
他社と比較したときにこだわりのポイントや強み確認する、腕の良い職人さんが揃っていて雇用形態が正社員など、このような選び方で依頼先を決めることが大切です。

工務店は様々な要望に対応している

工務店は、相談をした顧客の要望に対応しやすいという点で他の店舗と差別化を図っています。
例えば、大手のハウスメーカーでは店舗側が一定のプランや方向性を示すことによって簡易的に住宅を選択できる魅力があります。
モデルハウスが典型的で、参考にするサンプルが存在しますので将来的な生活感をイメージしやすく、初めて相談する人も迷うことなく選択ができるメリットが存在します。
ただ、こういった手法を採用すると細かい部分まで要望を通すことが難しくなります。
あらかじめ準備されているプランを必ず利用しなくてはいけませんので、理想のイメージを形に出すことが困難になるからです。
一方で、工務店の場合は非常に細かい部分まで要求を伝えることができます。
これは、特定の地域に密着してサービスを提供している小規模な店舗であることが多いからです。
顧客1人当たりの時間を長くとって綿密な計画を立てていくことになりますので、非常に相談しやすい雰囲気があります。

工務店は独自の資材調達ルートを持っている

工務店は、様々な要望に応えるために独自の資材調達ルートを持っていることがほとんどです。
分かりやすいのが、注文住宅の中でも特殊な輸入住宅を中心としてサービスを提供している店舗です。
日本国内では、木造建築や鉄筋コンクリートなどを用いたデザイン性に優れた住宅を提供できます。
一方で、顧客の中には近現代的あるいは日本家屋ではなく海外のような斬新なスタイルの物件で生活をしたいと考えている人も少なくありません。
工務店では、こういった要望に応えるために海外から直接的に資材を調達して、それをサービスとして提供しているところも存在します。
実際に、海外で利用されている素材を使うことによって日本国内では難しいと考えられた欧州風の物件を、効率的に建設していくことができるようになります。
ですから、こういったサービスを利用する人はとても多いです。
このような、調達ルートを独自に抱えている場合にはそれだけ幅広いサービスを利用できるため魅力的です。

おすすめなのは地元密着で仕事をしている工務店

注文住宅を建てる際、依頼先の選択肢の中から、どこで建てるのが良いのだろうと悩むことも。
注文住宅は家族の夢がたくさん詰まったマイホームですが、人生で一番高い買い物でもあります。
依頼先によって施工中や施工後の満足度が左右されることもあるため失敗したくないと思うのは当然です。
地元密着で営業活動を行っている工務店は、会社規模は大きくありませんが、その分設計の自由度が高く融通が利きやすいといわれています。
オーダーメイドのような家づくりを行いたい、家の細部にまでこだわりたいという方に向いているでしょう。
また地元に根ざしていることから地元の周辺エリアに詳しかったり、風土や気候に適した家づくりが可能です。
家から近い場所に工務店があれば気軽に相談できたり、万が一トラブルが起きた場合はすぐに駆けつけてもらえるといったメリットも。
暮らしに合わせて家族が満足するマイホームを建てたいのなら、工務店を検討してみると良いかもしれません。

技術力が高い工務店の見極め方を知ろう

初めての家づくりでは、地元の工務店に依頼を検討している、こんな方もいるのではないでしょうか。
一般的に工務店といえば、古くから特定の狭い地域で営業を続けている、小規模な建築業者がイメージされる傾向があります。
いわゆる町の大工さんで知られており、地域に密着した強みを発揮するケースも少なくありません。
とはいえ、お店の規模が小さいことに加え、外部からでは本当の技術力を見極めるのが難しいのも事実。
人生で一度の大きな買い物と言われる家づくりにおいて、いざこのような工務店に依頼しようと思っても、躊躇してしまう方がいても不思議ではありません。
ただ諦めてしまうのはもったいない。
なぜならば素人の方であっても、その技術力の高さを見極める方法が幾つもあるからです。
例えばスタッフの有資格者の数や種類も、その1つでしょう。
一級建築士をはじめ施工管理技士や宅地建物取引士など、住まいに関する資格を持ったスタッフが多いほど、家づくりで一定以上の品質を期待できます。
もう1つ忘れてはならないのが、施工実績です。
ホームページで過去の施工実績から技術や得意分野を読み取ったり、店舗へ直接出向いて資料を求めたり、できることなら施工中の建築現場を見学させてもらうのもよいでしょう。

著者:常盤政俊

筆者プロフィール

大阪府大阪市生まれ。
親の跡を継ぎ地元で工務店を経営。
工務店に関する情報をネットで発信しています。
大阪市 工務店